営業職(法人)の転職・求人 職務経歴書の書き方

営業職(法人)の転職・求人

営業職の転職・求人は、バラエティーに富み、多い求人の一つです。
転職市場では営業職不足がつづいているため、求人企業側は採用の門戸を広げています。
即戦力となる経験者採用が中心であることには変わりはないが、ポテンシャルを重視した未経験者や第2新卒採用も増えています。

中途採用の営業職採用の第一条件は、数字の実績。
職務経歴書で、この実績を示しながら、面接で自分の言葉で目標達成への意欲の強さをアピールすることが、採用を勝ち取る基本ではないでしょうか。

あらゆる法人が対象となる法人営業は、IT関連をはじめ、業種はバラエティーに富み、常に求人も多いです。
結果が出せる即戦力を求める傾向が強まり、選考のハードルは徐々に高くなっています。

法人営業は、客先企業の問題を解決するという要素が大きくなります。
ニーズをくみ取り、問題を見つけ、自社商品・サービスのメリットをもとに提案をし、解決する力が求められています。
そのためには、マーケット情報、競合情報を収集し、ロジカルにプレゼンする能力も必要になっています。


職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方は、どんな商品・サービスをどんな企業にどのように売り込んだのか、自分の営業スタイルと実績がわかるように書きます。
時に営業という職種は数字が大切です。今までの業務の目標と達成率などの実績を明確に数字で示すことは職務経歴書の書き方で重要なポイントです。


posted by Do at 22:14 | 営業職(法人)の転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。