電力業界 転職・就職 電力業界の職種・仕事

電力業界 転職・就職

日本の電気料金は世界の先進国と比べて高い水準にありますが、それは市場が独占状態だっため、発電所や送電線など設備投資にかかる費用分を電気料金で回収する価格設定がまかり通っていたいたためです。

現在は、規制緩和と同時にガス会社や石油会社などが売電事業に新規参入しています。
今後の電力業界は、顧客の敷地内に自家用発電装置など分散型電源の活用や、送電線を利用した通信サービス、燃料電池実用化などの新しい付加価値の創造がかぎになるのではないでしょうか。

また今後は、原資力発電所の安全性の問題が課題になっています。
太陽光発電や風力発電といった、自然エネルギーを利用した発電はコストが高いことと安定性には欠けるため、原子力発電の代替にはまだまだ程遠い存在だと考えられます。

電力業界の職種・仕事

電力業界の営業

一般家庭を対象に電気設備やプランを提案する生活営業と事業者向けにエネルギーソリューションを開発・提案する法人営業があります。

電力業界の配電関連職種

配電設備に関する計画の立案、建設、改良、保守、新技術、新材料の調査研究を行います。

電力業界の燃料関連職種

石油・石炭の国内外取引、天然ガス田開発事業の推進など、電力供給のための燃料を安定的に調達します。

電力業界の環境関連職種

温室効果ガスの削減、廃棄物のリサイクル率の向上、有害化学物質の管理、自然環境の保全などの環境問題に取り組みます。
posted by Do at 17:23 | 電力業界の転職・就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。