食品業界 転職・就職 食品業界の職種・仕事

食品業界 転職・就職

食品業界は、国内の食のトータル市場規模は80兆円を超えているといわれています。
大まかな内訳は、生鮮食品20%、加工食品50%、外食30%です。
加工食品を生産する食品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業がいわゆる食品業界、食品メーカーです。

食品業界はバブル経済崩壊後も不況の影響を受けず、微増ですが安定成長をつづけています。
しかし、市場は完全に成熟状態であり、パイは限られています。
そのなかで、食品メーカーは商品開発にしのぎを削り、シェア獲得を競っています。


食品業界の職種・仕事

食品業界の営業

スーパーやコンビニエンスストアなどの小売店へ自社商品を営業し、陳列棚のスペースを確保する。
店頭キャンペーンや売り場演出などの企画を立て、売り上げ増のために働きかけるのも仕事。


食品業界のマーケティング

市場のリサーチ、分析を行い、商品開発部門と連携して既存商品のリニューアルや、新商品開発のアイデアを練る。
さらに商品の狙いを営業に伝え、キャンペーン企画を提示するなど、商品を売出すまでの全てに携わる。


食品業界の商品開発

マーケティングがまとめたコンセプトを商品につくりあげる。
原料の選定、調合、殺菌、賞味期限の設定、工場での生産方法の検討などを行う。


食品業界の広報

マスコミや、消費者からの問い合わせの対応などを行う。
食品業界は一般消費者との接点が多いため、窓口業務は重要なポジション。

posted by Do at 13:46 | 食品業界の転職・就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。